読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の恋活経験は面白い

2016年の恋活遍歴を面白おかしく、自戒の念も込めて書いてます

理解不能な宇宙人(その3)

今年ももう3月。相変わらずふらふらしてるソイラテです。今年二か月で達成したことは体重が2キロ増えたことくらいでしょうか。

 

さて、意味もなく渋谷を歩いたあの夜から3週間ほど経った去年10月初旬、金曜日の夜。

 

次の日に宇宙人Kさんと会う約束をしていた私は、中々進展しないこの関係にモヤモヤしていたため恋愛相談に乗ってもらおうと、友達と飲む約束をしていました。

 

待ち合わせの赤坂をぶらぶらし、携帯電話で時間を確認しようとしたところ、宇宙人さんからライン電話の不在着信が入ったことに気づきました。

 

続けてラインメッセージが。わくわく。

 

K: 「なんか今日早く終わって時間できたから、今日でもいいよー」と。

 

(´⊙ω⊙`)な、なんとまぁ、マイペースだなぁ。自分勝手だなぁ。でもでも、、嬉しいからゆるーす!!

 

テンションMAXの私はすぐに電話を折り返しました。が、相手が電車に乗っていてでれず。もう彼はすでに自宅へ向かっているようでした。

 

友達との約束を捨てて、すぐに会いにいくことはいけないと思い、とりあえず2時間後に某山手線上の駅で待ち合わせすることにしました。

友達に事情を話すと、応援してくれて、アドバイスも沢山くれました。

 

ただ、折角美味しい和牛も緊張で味がせず、

お酒を飲んでも酔えず…勿体無かったなぁ。

 

この日は金曜日だったのですが、前回の めそめそ代々木くんコースになることだけは勘弁だったので、私はそれなりに覚悟をして行きました。

 

今夜…ちゃんと話さなきゃだ!!と。

 

ラッキーなことに、その日の私の服装は白のニットに薄紫のレーススカート。デートできるカッコだったのです。

 

この日の朝の自分、ばんざい!!!(´;Д;`)

 

…Kさんとは五反◯駅で待ち合わせて、居酒屋でだべり、2時間後にはカラオケへと向かいました。夜通し歌い続け、知らない間に夜はふけ、深夜3時半。

 

私は結構酔っ払っていました。酔っ払うと眠くなる体質なんで、最後の方はカラオケのソファーに寝そべっていたと思います。

 

寝ていると頭をポンポンされたり、手を握られたり…決してだーっっと、手を出す人ではいので、ほんとにソフトタッチにジェントルに触ってくれました。この時点ほ私は、もうほんとにやめてー!って内心ドキドキしてました。

 

いい雰囲気になり、私は幸せを噛み締めていました。このまま一緒にいたいなーとか、2人きりになりたいなーとか。いつもは見せない自分の欲求に正直になりたいと思いました。

 

私がなかなか帰らないので、Kさんもきっと私の帰りたくない気持ちを察し始めたのだと思います。カラオケではなく、どこか寝れるところに行こうと言ってくれたのです。

 

その4に続く!