読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女子の恋活経験は面白い

2016年の恋活遍歴を面白おかしく、自戒の念も込めて書いてます

理解不能な宇宙人(その4)

私はいま家を出て、旅をしております。

外泊です。

5泊6日です。

会社も休んで。

そう、じつは素敵な彼氏ができたのです!!

 

…(´;Д;`)ウエエエエエエ

 

いえ、現実は違います。

 

外泊です。

5泊6日ではあります。

会社も休んではおります。が、、

 

病院に入院したのです。結構辛いです。

もう携帯が「た」 の字をうつと、帯状疱疹を予測変換してくれるようになりました。予測変換って、その人の生活がでるから恐しいわね。

 

ちなみに、英語で上司に報告したので、帯状疱疹を英語で打てるようになりました。

 

Shinglesです。 シングレス。

「Single: 独り身」に近い、非常に私にお似合いな言葉です。むしろ、シングルにレスという言葉がついて、より悲しい感じです( ͡° ͜ʖ ͡°) 笑笑

 

とにかく、ここ1週間は悪夢のような感じです。ずっと頭痛がするし、発疹は顔だし、眼の周りが腫れてひどいことになってます。皆さんも体調には気をつけてくださいね!

 

前置きが長くなりましたが、宇宙人Kさん👽との続きです。あの夜どうなったのか、詳細までお伝えします。

 

---

 

カラオケをでて、駅前をぐるぐる回ること20分、このパターンは、、前回のめそめそ代々木になる感じ?!

 

そう酔っ払いは察しました笑

 

もう歩きたくないよー この人まだ歩くつもりなのー?

 

と、思ったそのタイミングで、なんとも綺麗そうなビジネスホテルが。

 

なんてタイミングなんだ。笑笑

 

どうする?って聞かれた記憶があるけど、答えずに勝手に入ってチェックインをしました。この人に頼ってても何も始まらないし(゚ω゚)、ここは年上の意地だ。眠いからここでいんじゃない?的な雰囲気をかもしつつ、ゴーするしかないでしょ。

 

恥を捨てるんだ酔っ払い!!とまでは思ってなかったけど、もう眠いし疲れたし、この人と夜を過ごしたらどうなるのか、単純に知りたかったのです。

 

もう知り合って2ヶ月くらい経つのに、全然距離が縮まらないし、私に対してどんな気持ちでいるのか分からなすぎる。

 

いつも自分勝手で振り回す彼。

なのに好きになってしまった。

だからケリをつけなければならない、そう決心しました。

 

お部屋の鍵をかけて、私は急に気まずくなったのか、布団にバタンと寝て、そのまま動きませんでした。先にシャワー浴びていいよと彼に伝えて、少し休息をとろうとしたら、

 

ボン!と頭に何かがぶつかりました。

???なんだ?と思って起きてみたら、、

 

枕でした。Kさんが投げてきたのです。

しかも2回も。男友達だったら、怒鳴って怒ってたわよチミ。

 

というか、なにこの遊び、小学生??笑笑

 

S:「なんでいっつも私のこといじめるのー?」

 

私は酔っ払い+眠気もあり、

甘えた声でそう言いました。すると、

 

K:「…愛情の裏返しなんだよ」

 

Kさんはさらっと一言残して、浴室のドアをバタンと閉めました。

 

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

なにそれーーー˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

 

布団の中で私は悶え死にそうになりました。

なんでこのタイミングで、そんなこと言うの?!と。

 

初めて甘い言葉をもらった私は、酔いがすーっと覚めていくのを体感しました。

 

そして、私もシャワーを浴び、鏡の前の緊張気味な自分を見つめました。疲れてスッピンだし、ひどい顔してるなぁ。でも、これでいくしかない。。

 

無言でベッドに戻ると、また枕でボンっと叩かれました。若干子供っぽいところにイラっとしたのと同時に、構ってほしそうにしている彼の気持ちがくすぐったくて、変な感覚になりました。

 

「なーにー?」と言うと、彼は私の顔をじっとみて「おいで」と言いました。

 

この三文字ほど、好きな人に言われて嬉しいものはないと思う。「近くにきてほしいからきて」って言葉を三文字で略したのに、こんなに舞い上がる言葉になれるなんて素敵すぎる。

 

私は何も言わず、彼のベッドに移り、無言でぎゅっと彼を抱きしめました。

 

今まで、私のことなんてどーでもよさそうにしてたくせに、ちゃんと少しは好意持っててくれたのかな…?これ、夢なのかな…?と私は混乱と幸せな気持ちで内心パニック状態になりました。

 

パニックになった私ほど面白いものはありません。私はアホなので、この良い感じの雰囲気をすぐに壊す単刀直入な一言をかましました。

 

「ねぇ、私のこと好きなの?

 

私はいま色んな人に会ってるけど、Kさんが1番好きだなって思ってるし、一緒にいたいなって思ってるよ。」

 

Kさんの顔が一瞬で曇るのがわかりました。

 

「付き合いたいってこと?」と、彼はいいました。

 

(※Sバアさんの豆知識:こーいう発言をする男は大体遊んでたいか、付き合うことに対抗ある人じゃよー!) 

 

「Sさんのことは好きだけど、過去ちょっと色々あって、まだ付き合うことに対して踏み込めない。」

 

この状況でこの発言をする人は、

私を本当に好きなのではなくて、身体目当てなのだと、私は一瞬で感じました。ここまできて、この発言は勝手過ぎる。。

 

でも、ここは大人に対応しよう。そう思った私は優しくききました。

 

「そっか…話したくないなら話さなくても良いけど、それは自分のこと?それとも元彼になんかあったの?」

 

Kさんは一呼吸おいて、ゆっくり話し始めました。

 

「一年半前に、元カノを事故で亡くしたんだ。それで、その後も何回か他の人とも付き合ってみたし、私が忘れさせてあげるって言ってくれた人もいたんだけど、結局2-3ヶ月も持たずにみんなすぐ別れてしまって。一緒にいても、俺が上の空だったりするときもあるみたいで、、それに俺、自分のやりたいこととかもあるから、あんま頻繁に会ったりできないし…だからすぐに付き合うってことが出来ない。」

 

どん底に突き落とされた気分でした。

だったら、なんで婚活アプリとか使うの?

こんな状況になるまで、なんで話してくれなかったの?知ってたら、もっと違う形で接してこれたのに。。

 

しかもやりたいこととか、関係なくない?その話と。ただ単に自分を優先したいだけじゃん。

 

私は切なくて泣きそうでした。こんな好きなのに、付き合えないなんて。

 

本当に相手がわたしを好きだったのかはわかりません。元カノの話しも、本当だったのかわかりません。

 

友達にこの話をしても、「いやー嘘でしょ。付き合わないために口実つくって、ただやりたかっただけでしょ笑笑」と言われてしまったけど。

 

でも、それでもすっごく好きだった。

人生で初めて告白した。

その夜は沢山キスもした。

それ以上のことは、私が止めたけど。

 

ずっと一生忘れないくらい、

精一杯恋をしました。

 

今思えば、自分勝手な子供で、思いやりに欠ける人だったけど。それでも、たまに見せる純粋な笑顔と、不器用な優しさが大好きでした。

 

彼とは結局、中途半端な感じになってしまい、私が辛くなり終わりにしてしまいました。

 

その後 クリスマス前に「会いたくて仕方ないんだけど、どうすればよい?」と、ラインがきたのだけど、もうこれ以上振り回されるのも疲れるし、会ったら最後、もう引き返せなくなると思ったので、適当に返事をして回避しました。

 

ここではすっごく面白い話にしたかったし、色々ネタもあったのだけど、思い出すと切なくて、結局笑い話にできませんでした。。

 

もし彼の過去の話が本当であるのなら、

彼の傷が少しでも癒えて、新しい素敵な女性と、幸せになっていることを願います。

 

 

 

次回からはニューな方のお話!こんな切なさは一切ないので、コミカルにします。笑 次こそは面白い内容を心がけます!